埋没法ってすごい発明だと思うんですけどね。

・・・天敵ってやつがいるんですよ・・・。

そう、その名も蒙古ヒダ(モウコヒダ)

蒙古ってあの旨辛ラーメンでおなじみの中本と同じ、なのかな
「モンゴル」的な意味だと思いますが(;’∀’)
その名の通り私達東アジア人に多い(といわれています)です。

 

↑私のしっかりとした蒙古ヒダ


↑目頭切開のシュミレーションで、蒙古ヒダを改善したらこうなるの図

 

蒙古ヒダがあるとなぜ問題か、というと、このヒダのせいで
目頭側の二重を思ったようにできない(というか、お客様のご希望の形にできない)場合があります。

例えば平行型を無理くり作ろうとすると

↑並行型・・・・っぽくはなりますが、目頭側は強引につり上がり
ヒダが斜めの線として残ってしまいます。
(画像、怖すぎですいません(;’∀’))

ヒダが残ると形として美しくないばかりか、強引に引き上げていることで
目頭側の埋没糸が取れやすくなってしまいます。

 

さて、では「私も蒙古ヒダあるの・・・でも並行型がいい!一体どうしたらいいの!!
と、なるわけですね。

その時の選択肢としては

①斜めの線は飲み込んで、強引に並行型
②目頭切開や全切開にしてちゃんと並行型
③並行型はあきらめて、末広型もしくは奥二重

となります。

この辺りはお客様と何度もシミュレーションして納得いく答えにしていきます。

ちなみに、意外に①を選ぶ方は結構多いです(;’∀’)
(まあ、やっぱり切開はハードル高いですからね。)

さて、今回は埋没法の天敵「蒙古ヒダ」に関して述べてみました。

お一人お一人の目の形から、「可能な二重、不可能な二重」をはっきり診断し
より良い方法をご提案していきます。

 

ちょっと知ってみるとちょっと面白い。
ただ綺麗にされるより、理解して綺麗になっていくともっと楽しい!

美容ってそんな感じです。

 

まずはお気軽にカウンセリングにお越しくださいませ。

ご予約はこちらをクリック!!!