公式HPもリニューアルされて、とっても見やすくなりましたね!

「院長の”でら”美容塾」へのアクセスも大変しやすくなりました。
頑張って更新するので(いったな~、ついにいったな~)
皆さん、頑張って読んでみてください(‘ω’)!

(ついでに感想とかくださったらメチャ嬉しいです♡)

 

さて、今日もまたセンセーショナルな話題から。

エステか美容クリニックか・・・・
脱毛やらHIFUといった共通する施術があり、皆さん選択を悩まれるかと思います。

根本的な考えからいうと、「人体に何らかのダメージを加える」施術の場合
医師免許が必要です
なんで・・・といわれても、そういう法律だから仕方ないです。

例えば脱毛をエステサロンで行う場合、エステでは人体を破壊してはいけないので
毛の細胞を壊してはいけません。
毛の細胞を壊さないと毛は脱毛できないので、結果エステで「脱毛」するというのは法律に矛盾します。

HIFUに関しても考えてみましょう。
HIFUは超音波を使って筋肉の膜に「火傷」を起こし、収縮作用を起こしたるみを改善します。
無資格者が火傷を他者に起こしたら傷害です。
ですのでエステで行ってはいけない施術になります。

というものの、現実では普通におこなわれているので、まあ、私がとやかく言ってもどうしようもないですね。

お客様がご自身の払われる金額と目的、作用、副作用・・・ちゃんと納得されているなら
まあ、それはそれでいいのかな・・・とも思います

ただし・・・・

エステで色々施術を受けるからには覚悟をしておかないといけないことが一つあります。

「トラブル起こったら、どうするの??」問題ですね。

まずは症例をご覧ください。

某エステサロンにて顎下の冷却?による脂肪減少を目的とする機械で施術を受けたお客様です。
施術時から痛みがあったものの、そのまま施術が続行され、終了後熱傷を起こしていることに気づきました。
同日当院を受診され、手掌大の熱傷を確認しました。

全体的には一度熱傷ですが、部分的に線状に深在性2度以上の熱傷を確認しました。
この時点ですでに傷跡が残ってしまうことが確定しているわけですが、いかにわかりにくくするか、がポイントになります。
外用療法や手術療法を加え22日後には一旦の治癒を認めました。


しかし、この後が大変です。
術後2カ月、予測通りケロイド化してきました。
ステロイドの注射などを行い、現在10カ月経過してようやく平坦化してきました。
ただ、皮膚の質感はやはり元通りにはなりません。

ちなみにこれまでの経過の最中に担当したエステサロンがお客様に付き添うことも
何もありませんでした。
(ちょっとくらい心配しろよな!)

 

機械を用いる治療は実は怖い治療でもあります。


ちょっとしたミスや設定、故障などから大きなトラブルを起こす可能性があります。

 

エステサロンは割と安価で継続しやすいのが特徴ですが、
皮膚トラブルが起こった時の代償は計り知れません。

悪いことはいわないので、機械・・・少なくとも熱を使った類の施術は
エステでは絶対受けないことを強くお勧めします。

 

・・・すいません。エステの存在を否定するわけではないですが
あまりに適当なエステが多いので、強めの文言が続いております。

 

さてそれではエステサロンに求めるべき効果は何か・・・というと

ずばり「浮腫み流し」と「リラックス」につきます。

マッサージによってリンパ流を改善し、浮腫みを流してあげる・・・
マッサージにより気持ちよくなりリラックスできる・・・
この2つが安全にエステを利用する上で求めるべき効果でしょう。

その他のシミを薄くしたり、毛を抜いたり、たるみをとったり
そういった類は我々美容クリニックに任せておけばよいのです。
(すいません、若干今回の事例にムカついてるので、語気が強くなっております)

もちろん価格的な問題はありますが、安価だからといって効果が薄くてリスクの高い施術・・・
いかがなものでしょう。

 

トラブルが起こったときにどう対処するか、がポイントです。
対処できないなら最初からやらない、というのが誠実というものです。
少なくとも対処できないなら、対処できる施設と提携しておくのが筋だと思います。

というわけで結論です。

・エステもいいけど施術内容と補償・アフターケア内容をしっかり見極めて契約しましょう。
・トラブルシューティングまで考慮すると、美容クリニックのがオススメできる。

 

~お客様へ~
当院は積極的に美容トラブルの受け入れを行っております。
お困りなときは是非お気軽にご来院ください。
ただし診療は自費になりますので、受診の際は料金の支払いについて
当該施設と話し合われてからお越しいただくことをおススメします。
~~~~~~