古畑任三郎、皆さん覚えていますかね?
故田村正和氏の代表作ともいえる作品ですね。

大体一話完結の物語なんですが、ある話で医師が犯人の回があったんです。
それが何で犯人ってわかったかというと、糸(ヒモ?)の結び方だったとかなんとか
(すごい曖昧な記憶なので、間違ってたらすいません。)

そうそう、我々外科医は日常から糸の結び方が独特なんですね。

・・・と、ゴミ袋を縛りながら思いにふけっておりました。

 

さて、今日のでら塾は糸の縛り方に関してです。

一般の方もゴミ縛りなんかの時に使っていただくと、すごく便利(全然取れない)なので
ぜひぜひどうぞ。

まず、外科医の基本は「男結び」ってやつです。
(名称、あってるのかな笑)

ゴミ縛りに転用できるよう、タフロープで見本を作ってみました。
互いの根本をループで縛り上げるような縫い目ですね。

IMG_5557

動画です。

IMG_5558

↑めちゃくちゃゆっくり縛るとこんな感じです。

お互いに引っ張られるとお互いに根本を締め合うので、取れにくい結紮法になります。

その外にもいろんな結び方がありますが、まあ、よく使うのはこれと外科結びってやつですかね。
(外科結びは割愛で。)

皆様の大事な皮膚を縫わせていただくので、縫い方も基本に忠実で丁寧に行っておりますよ(‘ω’)ノ

 

普段の生活で糸やヒモが緩んでほしくない時・・・・
是非使ってみてください(^_-)-☆

 

ちょっと知ってみるとちょっと面白い。
ただ綺麗にされるより、理解して綺麗になっていくともっと楽しい!

美容ってそんな感じです。

 

まずはお気軽にカウンセリングにお越しくださいませ。

ご予約はこちらをクリック!!!